合う薬を飲ませよう

poodles

カルドメックの購入自体は今、簡単に行うことが可能です。カルドメックを犬に与えるためには獣医師の診察、許可が必要ですが、薬の購入自体は自由にできるのです。
その方法とは、通信販売を利用する方法です。カルドメックをはじめさまざまな犬用の薬を販売している通販サイトが、存在しています。ペット病院で処方してもらうよりも安く購入することができるので、長く飲ませていく薬ですから、通販も有効に活用していきましょう。
獣医師に診察してもらい、ミクロフィラリアが現在いないことを確認してもらってから、カルドメックの服用は始める必要があります。
ある程度大きくなってしまうと、別の方法で取り出すしかないからです。そのお墨付きをもらってから、カルドメックの購入をするわけです。
月に1回飲ませる(食べさせる)だけとはいえ、やはりお金がかかるのでは……などという意見もあるでしょうが、何もカルドメックは1年中ずっと飲ませなければならないわけではありません。この薬によって防げるフィラリアの感染は、蚊によるものです。蚊が発生しない時期なら、フィラリアになってしまうことはありません。夏場の2、3ヶ月ほどの間で大丈夫です。
気を付けるべきこととしては、「体に合うものを飲ませる」ということが挙げられます。犬は体重で小型犬、中型犬、大型犬に分けられますが、カルドメックはそのサイズに合わせて3種類用意されています。自宅のワンちゃんがどのサイズなのかを確認してから購入する必要があるのです。